コンサルタントによる教育

飲食店は質の高い求人 経営コンサルタントによる確かな教育

飲食店を独立開業する人が一番重要とすることは、お店の品質でしょう。味、メニュー、接客等のサービス、店の清潔感や雰囲気などです。
店舗を探す場合、場所に拘る人がいます。確かに場所は、交通機関から近く、駐車場が多い、広く目立つ場所が良いと考える人が多いでしょう。

駅前ターミナル付近や主要幹線道路などのロードサイドなどで広い店舗で大勢の集客が可能なことが収益に直結すると考えるはずです。
しかし、主要幹線道路のロードサイドで大きな店舗を展開している、およそ30%の店舗が2年以内に閉店しており、5年以内となるとその数は60%以上ともなります。
なぜこのようなこととなるかと言えば、家賃が高いことや人件費がを含む固定費負担が大きくなるということで、さらに土日祝日の売り上げに対し、平日売り上げが乏しいことが原因としてあるでしょう。

逆に、行列のできる名店に、ロードサイドの大型店はありません。
大抵、行列のできる名店は、来客数に対して店舗が狭く、意外にも立地も悪いことがあり、中には、少しレトロな感覚のお店もあります。
本当に流行る店であれば、見せかけやスタイルに拘らず、味やサービスで勝負するのです。

消費者は、美味しい店であれば探してもそこへ行きます。
また、リピーターの多くは、お店の接客や雰囲気、味やレパートリーといったところに魅力を感じ、また行ってみたいと考えるでしょう。
味とレパートリー、店舗選びはオーナー自身で出来ても、サービスは従業員も行うため、質の良い従業員を雇う必要があります。

そのためにも求人が重要となります。
質の良い求人を行なうためにも経営コンサルタントに相談することが良いでしょう。
飲食店で流行る要素に女性客を掴むことが必須で、女性客はとくに接客に対して敏感であり、衛生面にも非常に敏感となります。

経営コンサルタントは、消費者目線で経営を見ます。
消費者が直接接するのが接客係(フロアスタッフ)です。
求人にて、質の良いスタッフを雇い、経営コンサルタントに飲食店舗でお客様に好まれる接遇を学びましょう。

経営コンサルタントは飲食店経営でコストを最小限に抑え、収益を高めるための費用対効果をアップさせる高いノウハウを持っています。
飲食店の盲点は、販売による粗利が大きいことにあり、いくら場所や味が良くても、接客対応やサービスの質が悪くなると客離れとなることがあり、スタッフ次第で良くも悪くもなります。
そのためにも質の高い求人を実現し、しっかりとした教育をしなければいけません。